天才アートKYOTO – NPO法人 障碍者芸術推進研究機構

天才アートKYOTO –  NPO法人 障碍者芸術推進研究機構
HOME > 活動 > 天才アートミュージアム展2013

天才アートミュージアム展2013

- 終了いたしました -

天才アートミュージアム展2013

»写真を拡大する

パンフレット(PDFファイル)を開く
»[表面]  »[裏面]

近年、世界的にも注目を集めつつある、障碍のある人たちによる芸術<天才アート>の豊かな表現世界を約100点の作品で紹介します。当機構の制作会である「アトリエ会 」の登録作家の作品を中心に、京都市立総合支援学校生徒の作品、協賛団体の所属作家たちの作品群で、まさに天才作家達のたくましい表現の未来が感じられます。あわせてデザイン化への展開の可能性もご覧ください。

シンポジウムでは、アール・ブリュットと呼ばれる障碍者アート、その分野の研究の第一人者である服部 正 氏をお迎えして、障碍者アートの世界と日本の現在と未来展望についてのレクチャーとディスカッションを交え、皆様と共にお互いの認識を高めたいと思います。多くの皆様の参加をお待ちしています。

天才アートミュージアム展 2013  アール・ブリュットの未来に向かって

期間 2013年11月2日(土)~17日(日)
開館時間:11:00-18:00
休館日:11月11日(月)
会場 堀川御池ギャラリーA/B/C(京都市立芸大ギャラリー@KCUA と併設)
〒604-0052 京都市中京区油小路通御池押油小路町238-1 [地図]
駐車/駐輪場はありません
料金 入場無料 (事前申し込み不要)
関連イベント シンポジウム
11月3日(日) 14:00 -16:30 会場:ギャラリーB
◎基調講演 「アール・ブリュット/障碍者アートの現在と展望」 第1回テーマの続編として
         甲南大学文学部准教授 服部 正 氏 
◎シンポジウム ①「障碍のある人の表現に迫る」
            ②「障碍のある人の芸術活動の推進のあり方」
             パネリスト:服部 正氏と主催関係者

[シンポジウム基調講演 講師 服部 正(はっとり ただし)氏]
甲南大学文学部 人間科学科准教授
兵庫県立近代美術館、兵庫県立美術館、横尾忠則現代美術館の学芸員を歴任。著書『アウトサイダー・アート』(光文社新書)ほか 関連企画展「エイブルアート99:このアートで元気になる」(東京都美術館共同企画)、「解剖と変容:プルニー&ゼマーンコヴァー」(兵庫県立美術館2012年) などを企画担当。大阪大学大学院西洋美術史専攻修士修了。

お問合わせ 特定非営利活動法人 障碍者芸術推進研究機構: info@tensai-art.com
  主催:特定非営利活動法人 障碍者芸術推進研究機構(天才アートミュージアム)
共催:京都市・京都市教育委員会
後援:京都新聞社会福祉事業団・京都市立総合支援学校長会・京都市立総合支援学校PTA連絡協議会
協賛:ふしみ学園 アトリエやっほう・京都市東山青少年活動センター・洛西ふれあいの里授産園・アトリエとも・青谷学園DO
このページをシェアしますか?Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Pin on Pinterest0Share on LinkedIn0Print this pageEmail this to someone