天才アートKYOTO – NPO法人 障碍者芸術推進研究機構

天才アートKYOTO –  NPO法人 障碍者芸術推進研究機構
tenran201709img
HOME > 活動 > 天才アート展2017 前期展「endless,breath」

天才アート展2017 前期展「endless,breath」

- 当展覧会は終了いたしました -

tenran201709img
»チラシを表示する(表・裏 計2ページ)(PDFファイル)

天才アート展2017は前・後期、2会場で開催

2012年より毎年開催している「天才アート展」。第6回目となる2017年度は、9月の前期展と10月の後期展の2回にわたり2つの会場において開催します。2回、2会場になることで、これまで以上に充実した展示が実現します。また、同展は「東アジア文化都市2017京都」の連携事業で、京都の伝統産業や企業とコラボした商品も展示販売いたします。ご期待ください。

前期展(9月21日~10月1日)は「ウィングス京都ギャラリースペース」、後期展(10月27日~11月8日)は従来から継続して利用している「堀川御池ギャラリ」ーが会場となります。
なお、後期展では10月28日にシンポジウムを併催いたします。

天才アート展【前期展】「endless,breath」

京都市男女共同参画センター ウィングス京都ギャラリースペース オープニング企画

– 東アジア文化都市2017 京都【連携事業】-

2017年9月21日(木)から10月1日(日)まで、ウィングス京都ギャラリースペースにて 天才アート展「endless,breath」を開催いたします。

終わりのない表出、一瞬一瞬の息づかい

石原寛子、川嶋誉大、足立茉莉、富田晃生、小寺菜月の5名の作品を取り上げました。共通する特質は自らが生み出した制作プロセスに拘り、ひとつの表象(イメージ)を執拗に追い続ける創作行為にあります。そこには完成をめざす絵画的な手法ではなく、終わりのない“ 生の営み” のように繰り返される根源的なエネルギーが静かに流れています。しかしそれは決して無機質で機械的な作業ではなく一点一点に込められた想いと、息づかいを感じとることができます。

endless, breath ─ ここにも障碍のあるクリエイターが表出する確かなアートが存在します。

 

展覧会情報

期間 2017年9月21日(木)~10月1日(日)(水曜日は休館)
11:00~18:00
会場 京都市男女共同参画センター
ウィングス京都ギャラリースペース
京都市中京区東洞院通六角下ル御射山町262
御射山公園北側  [地図]
交通 ・地下鉄・四条駅または烏丸御池駅下車徒歩5分
・阪急・烏丸駅下車徒歩5分
・市バス 四条高倉バス停徒歩4分
・駐車場はありません。
料金 入場無料
お問合わせ 特定非営利活動法人 障碍者芸術推進研究機構: info@tensai-art.kyoto
主催  特定非営利活動法人 障碍者芸術推進研究機構
共催  京都市・京都市教育委員会
後援 京都新聞社会福祉事業団
京都市立総合支援学校長会
協力 文化庁地域文化創生本部
文化庁京都移転・私たちができること推進チーム
出展協力 大谷大学
このページをシェアしますか?Tweet about this on TwitterShare on Facebook38Share on Google+0Pin on Pinterest0Share on LinkedIn0Print this pageEmail this to someone