天才アートKYOTO – NPO法人 障碍者芸術推進研究機構

天才アートKYOTO –  NPO法人 障碍者芸術推進研究機構
HOME > 活動 > 天才アート・ライブ展 in 高瀬川四季AIR「奏・描・愉」

天才アート・ライブ展 in 高瀬川四季AIR「奏・描・愉」

- 当展覧会は終了いたしました -

tenran201807img»チラシを表示する(表・裏 計2ページ)(PDFファイル)

天才アート・ライブ展 in 高瀬川 四季AIR

「奏・描・愉」~高瀬川の町家ギャラリーで七夕ライブ~

2018年7月4日(水)から8日(日)まで「天才アート・ライブ展 in 高瀬川 四季AIR『奏・描・愉』~高瀬川の町家ギャラリーで七夕ライブ~」を開催いたします。

奏(かなでる)プログラム

ライブ「奏」

ジャズ演奏/下嶋千佳〈キーボード〉・勝方 浩〈ベース〉
7月7日(土)①13時~13時30分、②15時~15時30分

オカリナ演奏/土屋彰男・土屋敏子
7月8日(日)①13時~13時30分、②15時~15時30分

演奏者プロフィール

【ジャズ演奏】下嶋千佳:1992年生・小学生頃よりPCのソフトを使って作曲活動を始める。16歳の時、大阪芸術大学主催の高校生アートコンペティション〝 世紀のダ・ヴィンチを探せ!〟でBGM入り映像作品が特別賞を受賞した。 総合支援学校高等部卒業前後よりジャズピアノ演奏を始め、欧米アーテイスト曲のカバーだけでなく自ら作曲も手がけ、各地のイベントへの出演や法然寺での定期リサイタルも行っている。また、自作曲が企業CMのBGMにも採用されている。

【オカリナ演奏】土屋彰男:1971年生・幼少期より、絵、ピアノ、ダンスに興味を持ち制作や創作表現など多彩な活動を始めた。 しかし、24歳の時、父の死を境にすべての制作・創作活動を止め、立ち直るまで10年の年月を要した。 30代半ばよりオカリナの練習を始め、次第に制作・表現活動を再開するようになった。 現在、その範囲は、絵画、作陶、手織など多彩で、2015年の文化庁公募展で応募作品が入選した。

描(えがく)プログラム

ライブ「描」

会期中の随時開催

作家:天才アート新道アトリエ所属アーティスト
オリジナル団扇絵/団扇素材・柄部分=木製・扇部分=竹
オリジナル絵葉書/ハガキ素材・特製ポストカード
*いずれも制作・展示~有償頒布します

愉(たのしむ)プログラム

展示

天才アートオリジナル「複製画」ほか
製作数は各作品・各限定10部

天才アートオリジナル ミュージアムグッズ
手描きトートバッグ・京扇子・ふろしき・クリアファイル・ポストカード・スポンジクロス・和ろうそく 他

期間 2018年7月4日(水)~8日(日)
11:00~17:00 
(4日は13時から、8日は16時まで)
会場 高瀬川・四季AIR
京都市下京区天満町456-27

阪急河原町駅より徒歩4分・京阪祇園四条駅より徒歩6分・市バス四条河原町より徒歩3~4分
地下鉄四条駅より徒歩12分
「歩くまち京都」公共交通機関をご利用ください。

料金 入場無料
お問合わせ 〈ギャラリー〉TEL 080-3761-3960
〈天才アートKYOTO〉TEL 080-6140-4125
主催 特定非営利活動法人障碍者芸術推進研究機構〈天才アートKYOTO〉
共催 京都市 京都市教育委員会
このページをシェアしますか?Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Facebook
Facebook
33Pin on Pinterest
Pinterest
0Share on LinkedIn
Linkedin
Print this page
Print
Email this to someone
email